2013年 スイートピーステークス レース後のコメント

   

東京11Rのオークストライアル、スイートピーステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝1800m)は3番人気リラコサージュ(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒1(良)。1/2馬身差2着に6番人気フロアクラフトが入り、上記2頭がオークスの優先出走権を獲得。さらに3馬身差で3着に5番人気ダイワストリームが入線。

リラコサージュは栗東・藤原英昭厩舎の3歳牝馬で、父ブライアンズタイム、母サッカーマム(母の父Kingmambo)。通算成績は6戦2勝となった。

【2013年 スイートピーステークス レース後のコメント】
1着 リラコサージュ(田中勝騎手)
「いい位置が取れてうまく流れに乗って競馬が出来ました。直線は1番の馬(フロアクラフト)をいつでも交わせる感じでした。距離は延びても折り合いさえつけば大丈夫だと思います」

2着 フロアクラフト(松山騎手)
「ゲートで待たされた割にはスタートはスッと出てくれました。自分のリズムで競馬が出来ました。権利は取れましたが、着差が着差だけに何とかしたかったです。レースぶり自体は上手です」

3着 ダイワストリーム(田辺騎手)
「ゲートの中でソワソワしていて出負けしてしまいました。この距離は初めてだったので、ポジションは拘らずに行きました。折り合っていましたし、最後もいい脚を使ってくれました。使って行けばさらに良くなると思います」

4着 エスターブレ(川須騎手)
「レース前、テンションが高くてどうかな、と思っていました。前が止まらない馬場の中、このテンションでよく頑張ってくれました。3着と僅差だったので、力をつけていると思います」

6着 カナルナニ(江田照騎手)
「ペースが流れてくれたので、それほど外に行かずに競馬が出来ましたが、もう少し内めでレースをしたかったです。テンションの高いところがあるので、その辺りを自分でコントロール出来ればいいですね。能力だけで走っているところがあります。まだこれから良くなると思います」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - スイートピーステークス , , ,