2015年 スイートピーS レース後のコメント

   

東京11Rのスイートピーステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝1800m)は1番人気ディープジュエリー(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒4(良)。ハナ差2着に15番人気トーセンナチュラルが入り、上記2頭がオークスの優先出走権を獲得。さらに1/2馬身差で3着に3番人気ロッカフラベイビーが入った。

ディープジュエリーは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ジュエルオブザナイト(母の父Giant's Causeway)。通算成績は3戦3勝。

【2015年 スイートピーステークス レース後のコメント】
1着 ディープジュエリー(柴田善騎手)
「道中はよく我慢してくれて、直線では馬群の間を抜けて来られました。先につながるいい勝ち方でした」

(国枝栄調教師)
「少し他の馬を気にするところがあるので、あえて馬群の中に入れて競馬をさせました。いい内容だったのではないでしょうか。更なる距離延長も大丈夫だと思います」

2着 トーセンナチュラル(井上騎手)
「返し馬からずっと力んでいました。もう少し落ち着きが出ればいいですね。直線ではうまいこと前が空いて抜け出せました。せっかくチャンスをもらったのに申し訳ありません。勝ちたかったです。引っ掛かるところがあるので、折り合いがつけば距離が長くなっても大丈夫でしょう」

3着 ロッカフラベイビー(田中勝騎手)
「スムースすぎたかもしれません。惜しかったです。残念。権利が取れませんでした」

5着 ブルローネ(吉田豊騎手)
「いい馬です。乗りやすかったです。2番手でもついて行けました。まだ緩く、時計も遅いので、力がついて成長してくれればいいですね」

6着 フローレスダンサー(藤岡康騎手)
「リズム良く、終いで脚を伸ばすような競馬を心がけました。しかし、ペースが流れてくれず、その分、馬群が密集していて、進路を探しながらの競馬でした。突き抜けそうだったのですが、能力がある馬だけに残念です」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - スイートピーステークス , , ,