2012年 スイートピーステークス レース後のコメント

      2012/07/07

東京11Rのスイートピーステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝1800m)は2番人気ダイワズーム(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48 秒1(良)。3/4馬身差2着に3番人気ココロチラリが入り、上記2頭がオークスの優先出走権を獲得。さらに3/4馬身差で3着に1番人気サトノジュピ ターが入った。

ダイワズームは美浦・鹿戸雄一厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母フォルナリーナ(母の父Capote)。通算成績は9戦3勝となった。

2012年スイートピーステークス レース後のコメント

1着 ダイワズーム(北村宏騎手)
「スタートを出て流れに乗り、内で脚をタメて、いい脚で弾けてくれました。競馬が上手で、気持ちが冷静な馬です」

(鹿戸雄一調教師)
「以前は弱いところがあって勝ち切れませんでしたが、力をつけていますし、今回も体調は万全でした。オークスへの権利を取れて嬉しいです。素直でいい馬ですし、距離は心配ありません。本番、相手は強いですが、どんな競馬が出来るか楽しみですし、挑戦してみます」

2着 ココロチラリ(横山典騎手)
「レースが上手な馬で、3戦目で権利を取るのですから大したものです。本番の距離に関しては何とも言えませんが、状態次第でしょう」

3着 サトノジュピター(福永騎手)
「ゲートを出ませんから、現時点ではこういう競馬になってしまいます。最後は伸びているのですが、現状、競馬の巧拙が結果に出ている感じです。能力はいいモノがあります」

4着 プレノタート(杉原騎手)
「ある程度の位置につけて欲しい、と言われていましたし、そういう競馬を狙っていました。うまくレースは出来ました。距離は大丈夫でしたし、この馬も伸びているのですが…」

5着 サトノジョリー(内田博騎手)
「よく頑張っています。今のところ1400m~1600mが良さそうです」

6着 マイネアルナイル(丸山騎手)
「初めての長距離輸送で体も減っていましたし、馬がピリピリしていました。終いはよく来ています。脚をタメる競馬が合っています」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - スイートピーステークス, 優駿牝馬(オークス) , , , ,